iPhoneやiPadでもPCのフォントが使えるようになるアプリ「AnyFont」が便利すぎる【iPhone アプリ】

イメージ
 
iPhone や iPad でPCと同じようなフォントが使えたらいいのにな〜って感じたことないですか?
 
今のメインはスマホであり、スマホさえあればPCがなくても事が足りてしまうことも多くなってきました。
とはいえPCがないと不便な部分はまだまだ多く、絶対的に必要なのですがね。
 
そこで今回は、iPhoneやiPadでもPCと同じフォントが使えるようになるAnyFontというアプリの紹介です。
 


 
 
今回、ご紹介する AnyFontというアプリは写真加工などのアプリ内に入れるのではなく、iOSのシステム内に入れてしまう感じです。
 
メリットとして

▶︎ 各アプリがシステムフォントを参照していればすぐに使えます
▶︎ PCと同じフォントが使えます
▶︎ 写真加工や動画編集の幅が広がります

 
今までもアプリ内でフォントを追加すれば「my font」として好きなフォントを使えることがありました。
しかし、あくまでアプリ内だけの使用に限定されていて・・・他のアプリでも使えたらどんなに便利だろう?なんて感じていたんです。
 
例えば「Cute Cut Pro」
Any Font でシステムにフォントを入れられるようになってからは超〜簡単に便利になったのですが、それまでは・・・
 
 
cutecutProフォントインスト方法4
 
 
動画にテロップを入れる時にめっちゃ便利な「Cute Cut Pro」ですが、とにかく日本語フォントのバリエーションが少なく、面白みに欠けていたんです。
 
好きなフォントをアプリ内にインストール出来るみたいなのですが、iPhone と Mac を繋いで iTunes 経由でアプリ内に入れる感じです。
 
つまり、他のアプリでは使えないことになってしまいます。
 
これはちょっと面倒くさいですし、出先でチョチョイってフォントを追加することも出来ないですよね?
 
 

▶︎ 好きなフォントが使えるアプリは意外に多い

 
 
「Any Font」を使って、せっかくフォントインストールしたのに、アプリがシステムフォントを参照せず、内蔵フォントだけの使用となっていた場合などは使うことができません。
 
じゃ〜いま自分のスマホに入っているアプリで使えるのか?ってとても気になりますよね?
 
ぼくが頻繁に使っているアプリが対応しているかを調べてみました。
 
 
⬇︎⬇︎⬇︎フォントが使えたアプリ⬇︎⬇︎⬇︎
 
使えるアプリアイコン
 
 
僕が主要で使っているアプリはまぁ〜だいたい使えていました。
 
使っていて便利だなと感じるアプリで実際にフォントを変えてみた事例をいくつかお見せしたいと思います。
 
 

【ビデオ編集】Cute Cut Pro はテロップの王様

 
 
Cute-Cut-Pro使用事例
 
 
Cute Cut Pro はとにかく出来ることが多いのが特徴です。
 
P in P も簡単に出来るし、サイズ調整もトラジッションもスイスイ出来てしまいます。
文字入れについてもサイズや位置、映像効果などのトラジッションも細かく設定できると共に、テロップの数もかなり増やすことが可能です。
 
今回の事例で作った動画を下に貼っておくので見てみてください。
 
⬇︎⬇︎⬇︎ 事例動画 ⬇︎⬇︎⬇︎
 

 
iPhone だけでここまで出来るのはホント凄いと思います。
 
難点といえば・・・
iPhone の画面が小さく、細かい微調整が僕のぶっとい指先ではしにくいところかな?(笑)
 
 

【写真加工】合成写真も作れる「PhotoLayers」

 
 
PhotoLayers使用事例2
 
 
PhotoLayersは画像の切抜きや透明化など合成写真が簡単に作れてしまうアプリで、文字に対しての自由度も高く、レイヤーが組めるのが特徴です。
iPhoneやiPadで何かと使っているアプリなので、フォントの幅が広がったことに対して物凄く嬉しく思っています。
 
 

【仕事効率化】PowerPoint は社会人の必須アイテム?

 
 
パワーポイント使用事例
 
 
PowerPoint ってとにかく使う機会が多く、PCが必須でしたよね。
今はiPhoneでもiPadでも簡単に作れ、PCとの連携もスムーズになってきました。
 
外でiPadを使って資料作成
そんな時、PCと同じフォントがあればもっとスムーズになるし、それこそiPhoneでもできちゃう。
 
プレゼンからパーティー会場でのちょっとした案内や主旨、注意事項まで簡単に作れ、モニターに映し出せてしまうのは便利ですよね。
ぼく、Lightning to HDMI と極細HDMIケーブルは持ち歩いていることが多いです(笑)
 
 
 

▶︎ 悲報! iMovie では使えない?

 
 
iMovieで使えない
 
 
iPhoneを使っている方ならば一回は使用したことのある「iMovie」ですが、残念ながらフォントの選択ができません。
これ、前々から感じていたことなのですが、なんでフォントの選択ができなかったり、位置や大きさの自由度がないのだろう?
 
P in Pにしてもサイズの自由はないし・・・
 
初代 iPad mini が発売された頃はわくわくドキドキが止まらず、iMovie一択!って感じだったのですが、今はちょっと進化がなく、別のアプリの方が使いやすかったりと・・・もう少し頑張ってほしいな〜
 
 
iMovie を除いていろいろなアプリで使えることが伝わったかと思います。
 
ではいよいよフォントの入れ方について見てみたいと思います。
いくつか方法があるのですが、今回はぼくが入れている方法を書き留めておきます。
 
皆様の参考になれば幸いです。
 
 
 
▶︎フォントのインストール方法
 
 

HOME

管理人

秋葉仁

秋葉原で生まれて育ち、会社も秋葉原で設立し、店舗も秋葉原という秋葉原だけの生活。そんな秋葉 仁は大の機械ヲタク。 ビデオカメラ、デジタルカメラ、撮影機材、DJ機材、そしてPC!とにかく機械ならば何でもいい状態。 そんな機械ヲタクが YouTube などを使い様々な機械を紹介。 少しでも購入前の検討材料になれば幸いです。 ぜひともよろしくお願い致します。

月別

秋葉のおすすめ