【Mac Book】その他ファイルがいっぱいで容量が足らない時に行った方法【劇的に解消】

  •  2015/12/30
  •  Mac

その他ファイルがいっぱいで容量が足らない
 
MACの容量足りてますか?
 
このMacについてという項目を開き、ストレージを見てみると「その他」という、よくわからないファイルがものすごく容量を圧迫していませんか?
 


 
 
いったい何が圧迫しているのかよくわからない・・・
 
どうしたら容量を確保することができるのでしょうか?
 
そこでまず試してもらいたいのが iPhone やiPad などの使用歴が長く、同期している方は、iOSデバイスのバックアップファイル (/Users/username/Library/Application Support/MobileSync/Backup) が思いのほか大きくなっている可能性があります。
 
iTunesの「環境設定」>「デバイス」>「デバイスのバックアップ」でバックアップされているデバイスの名前と日付を確認し、不要なバックアップは選択して「バックアップを削除」しちゃいましょう。
 

▶︎ それでもさほど容量が増えない場合は

 
 
omniDiskSweeperアイコン
 

どこが犯人なのかを探りだすソフト、Omni Disk Sweeper を使うと見えてくるかも知れません。
 
まずはアプリをダウンロードし、起動します。
 
 
ドライブリスト
 
 
起動するとドライブリストが出てくるので「Macintosh HD」を選択し、「Sweep “Macintosh HD” Drive」を押します。
 
※ この画像はクリーンアップ後の容量です
 
サイズ計算
 
 
すると、ドライブ内のフォルダやファイルのサイズ計算が始まり、徐々に表示されていきます。
 
フォルダの中身を見ながらどのファイルが圧迫しているのかを辿っていくと!
 

これ、人によって圧迫しているファイルは違うと思うのですが、僕の場合はアドビのメディアキャッシュファイルというフォルダーの中がとにかくすごかったです。
 
 
メディアキャッシュ2
 
 
サブ機で使っているMac Book Air (maid 2012) でさえ 20GB 以上のメディアキャッシュファイルがあり、ちょっとびっくり。
 
おそらく、プレミアプロで動画を読み込んだ時に作られていたキャッシュファイルではないかと。
 
ファイルの日付を見てみても古いものから新しいものまであり、削除しても全く問題のないファイルばかりだったので思い切って削除!
 

▶︎ 削除する時は慎重に!

 
 
消去ボタン
 
 
この Omni Disk Sweeper の左下に「Delete」ボタンがあり、削除することは可能なのですが・・・
 
 
一発完全削除
 
 
「Delete」ボタンを押せば Omni Disk Sweeper で消去可能なのですが、一発で完全削除となってしまいます。
そのため、かなり慎重に判断をしないと取り返しのつかないことにも・・・
 
もしものことを考えれば一旦、ゴミ箱に送り、何の不都合もないことを確認してから完全消去したいですよね?
 
しかも消去ボタンが「Destroy」とか怖すぎるよ(笑)
つまり、破壊するとか滅ぼすとか・・・
 
まぁ〜この場合、破棄するって意味になるのでしょうが・・ちょっと勇気いりますよね
 

▶︎ 別の方法として

 
 
フォルダを開くボタン
 
 
右下にある「フォルダ」ボタンを押せば Finder が開くので、そこから圧迫しているファイルを見極め、消去すればゴミ箱に送られます。
 
 
ファインダで開く
 
 
でもって何の不都合もなさそうであれば ポイッ!ポイッ!
 
その結果、ぼくのMac Book Air は!
 
 
MacBookAir
 
 
その他ファイルがグンッと減りスリムになりました。
これでしばらくは安泰です。
 
それにしたっていつの間にやら増えていく「その他」
 
 
ストレージがいっぱいです600
 
 
特別なにかをした訳でもないのにこの表示は辛いですよね。
 

僕にとってのMac Book Air は持ち出し機みたいな存在で、動画編集はほとんどしてなくて、Mac Book Pro に任せていたのに・・・
 
きっと長く積み重なった結果なのでしょう。
 
今回は Mac Book Air で使っていた adobe Premire Pro のメディアキャッシュファイルが原因だったのですが、Mac Book Pro の方は Premire Pro に加えて After Effects のキャッシュファイルも追加され、とんでもないことに(笑)
 
ほとんどその他ファイルに占領されていました。
 
adobe CC をバージョンアップしながらここまで使ってきたのですが、CS6時代のキャッシュファイルは残ったまま放置されている状態だったのです。
 
同じようにクリーンアップし、ぼくの Mac Book Pro (maid 2012)も
 
 
MacBookPro600
 
 
その他ファイルがめっちゃ少なくなり、いい感じに容量が増えました。
 
長く使えば使うほどいろんなファイルによって容量が圧迫されていきます。
 
特に写真はくせ者で、撮れば撮るほど共有されちゃって容量がどんどん圧迫していっちゃうんです。
定期的に外付けHDDなどに移し、削除していかないと・・・
 
iPhoneなどのデバイスと簡単に共有できたり、便利なことが増える反面、ストレージの問題は深刻化してきますね。
 
参考になりますでしょうか?
 
ではまた!
 
 

HOME

管理人

秋葉仁

秋葉原で生まれて育ち、会社も秋葉原で設立し、店舗も秋葉原という秋葉原だけの生活。そんな秋葉 仁は大の機械ヲタク。 ビデオカメラ、デジタルカメラ、撮影機材、DJ機材、そしてPC!とにかく機械ならば何でもいい状態。 そんな機械ヲタクが YouTube などを使い様々な機械を紹介。 少しでも購入前の検討材料になれば幸いです。 ぜひともよろしくお願い致します。

月別

秋葉のおすすめ