ひとり三役?GV-LS2で遠隔操作しながらライブ撮影

LS2サム
 
こんにちわ
秋葉仁です
 
JVCから発売されているGV−LS2
いろいろとレビューをしてきましたが、いよいよ実戦です。
 
とはいえ何を撮るか?
 

 


 
 
そんな時、HumanCubeさんのライブも近かったのでダメもとで今回の主旨を話し、聞いてみました。
すると快く承諾をしてくれたのです。
さ〜ライブを撮るぞ!
 
しかし、今までの撮影方法とは違い、iPadによる遠隔操作となります。
まぁ〜何とか動画にしたのですが、いくつか気づく点もあったので書き留めておきます
 
・遠隔操作は有線で行うのがベスト
 
GV-LS2とルーター、そしてルーターとiPadを無線LANで接続してみたのですが、これにはかなりムリがあるかもしれません
iPadでの画面はかなりカクカクとした映像で反応もイマイチ・・・
LS2とルーターまでの距離は5mぐらい、ルーターとiPadの距離は1mぐらいでした
 
iPadは無線接続になってしまうので、LS2とルーターとの間は有線接続の方が安心できます
 
・タイムラグが問題
 
GV-LS2を有線接続したとしてもタイムラグは発生します
今回のライブで確認した感じでは約1秒ぐらいのタイムラグは発生していたのではないでしょうか?
まぁ〜映像を処理するのである程度仕方がないとは思いますが、ライブなどを撮影する場合はプレビュー画面に頼るのではなく、ステージの動きで判断した方がいいかもしれません
 
プレビュー画面だけで判断し、録画していくと記録された動画もちょっとタイミングが遅れています
 
・斜め方向は撮れません
 
パンチルを両方動作させる事は出来ないので斜めに動く映像は撮れません
プリセットに登録しておいても同じで上下に移動してから左右に移動という感じになります。
 
例えば、ズームをしながら動きを追いかける事が出来ないのでスッと位置合わせをして使用する画面に持っていく考え方になりますよね。
 
以上が主立った点なのですが、それ以上にメリットも高いです
 
・人件費削減
 
カメラマンをそれぞれに立てるという事は確かに動きのある映像も撮れますが、人件費が発生します
しかし、一人で遠隔操作しながら録画が出来てしまうので機械特性だけきちんと把握すればかなりの効果は期待できるのではないでしょうか?
 
・移動がコンパクト
 
ライブハウスなどでの撮影の場合、GV-LS2とルーター、そしてiPadさえあればセットアップ出来てしまいます。
荷物が最小限で済むというのはいいですね。
 
・映像がきれい
 
画素数も高く、暗い所にも強いので奇麗な映像が撮れるのではないでしょうか
 
そのほかにも沢山あるのですが、書いているとどんどん長くなってしまうのでこの辺で・・・(笑)
 
さて、総評としては
この価格でパンチルズームカメラが手に入るというのはかなりコスパはいいのではないでしょうか?
また、ビデオ単体でも使え、手振れ補正も付いてます。
 
コストをかけず、効果が出やすいこのGV-LS2は店舗運営やイベント企画、ユースト放送をしている方々にはかなりいいカメラだと思います。
 
という実戦で使ってみた使用感について正直な感想を書いてみました。
 
ではまた!
 

 

HOME

管理人

秋葉仁

秋葉原で生まれて育ち、会社も秋葉原で設立し、店舗も秋葉原という秋葉原だけの生活。そんな秋葉 仁は大の機械ヲタク。 ビデオカメラ、デジタルカメラ、撮影機材、DJ機材、そしてPC!とにかく機械ならば何でもいい状態。 そんな機械ヲタクが YouTube などを使い様々な機械を紹介。 少しでも購入前の検討材料になれば幸いです。 ぜひともよろしくお願い致します。

月別

秋葉のおすすめ