撮りたい瞬間を逃さない! CAPTURE CAMERA CLIP SYSTEM【peakdesign】

 
旅行とかに出かけると、写真とかビデオって撮りたくなりますよね
 

 
とはいえ常に手に持って歩いているのも邪魔だし、カバンの中に入れておくと、取り出すのに時間がかかってしまい、撮りたい瞬間を逃したり、面倒になって「まぁ〜いっか〜」って諦めてしまったり・・・
 
画像1
 
首からカメラを下げておく方法もあるんですが、歩いている時や、かがんだ時にカメラが暴れてしまったりして気を使いますよね
 
画像2
 
そして最大の理由は自転車に乗っている時です
 
このように前屈みになってしまい、カメラがブラブラしちゃって危なっかしいのです
 
かといってバックパックの中に入れておくと自転車を降りてすぐに撮影という訳にはいかず、ちょっと面倒だったのです  
なんかいい方法はないかな?って探していたら、謎のたつやくんが「秋葉さん、これいいですよ!」といって紹介してくれました
 
画像3
 
CAPTURE CAMERA CLIP SYSTEM です!
 
画像4
 
この、CAPTURE CAMERA CLIP SYSTEMはカバンやバックパックなどの肩下げ紐に取付けるようになっています
 
画像5
 
中心に脱着式のプレートがあります
 
画像6
 
バックパックに付けるとこんな感じです!
 
画像7
 
プレートをカメラの三脚取付用の穴にはめて使います
 

画像8

 
キャプチャーとカメラの脱着方法も簡単で、赤いボタンを押してカメラを下げるだけなのですが、この小さなクイックリリースボタンだけで大丈夫なのかちょっと心配ですよね
公式のホームページの情報では47キロの重りを吊り下げても大丈夫という動画がありました
 
画像9
 
移動中の誤動作を無くすために、ネジ式のロックもあります
 
それでも心配な場合は、このキャプチャーの取り付けを反対にすれば上に引き出す形になり、ちょっと安心感は増すかも知れませんね
 
画像10
 
カメラのレンズ交換の時もセンサーが下向きになって誇りが入りにくいですし、スムーズな交換が可能となります
両手があくので交換したレンズを脇に抱えたりせずにレンズ交換をすることが可能となり、安心感は増します
 
画像11
 
ハンドストラップも一度使い始めると中々手放せなくなる便利なアイテムなので、出来れば使いたいですよね
でもハンドストラップの三脚ネジにプレートを付けてしまうとちょっと厚くなり格好が悪いのと、キャプチャーに装着した時に高さが出て、若干カメラが暴れてしまいます
しかし! その辺もきちんと考えられていました!
 
画像12
 
プレートにストラップ取り付け用の穴があいているんです!
嬉しいことに4辺すべてに! これは重宝します
 
画像13
 
このように通して上げれば今までと同じように使う事が可能となり、持って歩くときや構えた時の安定性も今までと同様です
 
画像14
 
バックパックの肩紐の部分にしっかり固定することで、歩いた時にカメラが暴れてしまうこともありませんし、使いたい時にすぐに外して使うことが可能となる「CAPTURE CAMERA CLIP SYSTEM」を紹介致しました
 
画像16
 
ミラーレスやコンデジ用に細いタイプのプレートもオプションであるので、持っているカメラの種類に合わせてチョイス出来ます
 
参考になりましたでしょうか?
 
ではまた
 
 

HOME

管理人

秋葉仁

秋葉原で生まれて育ち、会社も秋葉原で設立し、店舗も秋葉原という秋葉原だけの生活。そんな秋葉 仁は大の機械ヲタク。 ビデオカメラ、デジタルカメラ、撮影機材、DJ機材、そしてPC!とにかく機械ならば何でもいい状態。 そんな機械ヲタクが YouTube などを使い様々な機械を紹介。 少しでも購入前の検討材料になれば幸いです。 ぜひともよろしくお願い致します。

月別

秋葉のおすすめ