ソニー2013年モデル HDR-PJ790V開封

 
こんにちわ
秋葉仁です
 
家電量販店の売り場を観察していると市場の変化が見えてきます。
一眼の売り場がものすごく拡大し、ビデオカメラの売り場がどんどん縮小されてきました。
 
今、注目を浴びているのが一眼動画の進歩なのかもしれませんよね
 
しかし、そうなってしまうとビデオカメラ市場がやばい状態になって行きます。
何か突破口が必要ですよね。
 

 


 
IMG_0510 2

 
去年、ソニーが空間光学手ぶれ補正というとんでもないモンスターを投入して話題を呼び
「おやおや?」すごいぞ!と盛り上がってはしゃいでいましたが、
 
その時に話していた話題は
「来年、どうなる?」って事だったんです。
だってこれ以上の機能ってなんなんだろう?ってめちゃくちゃ不思議だったのです。
 
そして!
 
790V

 
今年ソニーが投入して来たビデオカメラがHDR-PJ790V です。
 
今まで持っていたHDR-CX720Vと画素数も同じ、空間光学手ぶれ補正ユニットも一緒という事で画質的には変わらないかな?という印象です。
画像処理エンジン BIONZに若干の改良を加えているみたいなのですが、僕みたいな素人にわかる範囲ではないのかな?
 
僕は正直、プロジェクターは無くてもよかったので、CX720Vの後継機が欲しかったのです。
しかし!
720Vは事実上の廃止となり、PJ790Vに統一される事に・・・あ〜残念ですぅ〜
 
2012年モデルのCX590V、PJ590VがCX630VとPJ630Vになり、
新たにCX430Vが追加されました。
 
この430Vがすご〜く気になってるんです。
だって空間光学手ぶれ補正が790Vのユニットよりも40%も小さい!
実際の手ぶれ補正の性能が変わらないとすれば、確実に売れ筋商品になるのかも知れません。
 
やっぱコンパクトな方が使い勝手がいいですよね。
という事でちょいと悩み中です(笑)
 
630Vシリーズと画素数もセンサーも同じでユニットだけ小さい。
もし、空間光学手ぶれ補正が問題なければ絶対の人気商品になるのではないでしょうか?
 
今回はオプションでWi-Fiもあり転送出来るようになりました。
でも・・720Pの6Mという・・・
なぜそうする?意地悪なのか?(笑)
790V10

 
そして今回はもう一つ意地悪な箇所が!
なんとシューの部分が変更されたのはいいのですが、少しくぼんでいる為・・・
通常のシューは取付不可!
つまりまたオプション・・・も〜
 
スマホ対応という部分は「おまけ」程度の出来かもしれません。
あんまり期待しない方がいいです。
 
たぶんAVCHDにまだまだ未練があるんですね。
 
これからいろんな検証をアップしていきたいと思います!
 
ではまた〜
 
ps.今回の動画撮影の裏話もあります(笑)
 「すげー笑われ・・・嫁さんは苦笑いの秋葉原撮影」

 
 

 

HOME

管理人

秋葉仁

秋葉原で生まれて育ち、会社も秋葉原で設立し、店舗も秋葉原という秋葉原だけの生活。そんな秋葉 仁は大の機械ヲタク。 ビデオカメラ、デジタルカメラ、撮影機材、DJ機材、そしてPC!とにかく機械ならば何でもいい状態。 そんな機械ヲタクが YouTube などを使い様々な機械を紹介。 少しでも購入前の検討材料になれば幸いです。 ぜひともよろしくお願い致します。

月別

秋葉のおすすめ